ココぞという時は

現実にパソコンのディスプレイの前に座りリアルタイムで変動している為替レートを見てしまうとすぐに注文をしなければならないという衝動に駆られる状況も少なくないと思います。

 

でも、不明瞭な勘で売り買いをするのは、決してしてはいけません。

 

分かっていると思いますが、相場は終日、いかなる時でもどこかの国の市場が変動しているしマーケットも上がったり下がったりします。

 

だからといって、頻繁に取引を積んでいくと、その分だけ損をする危険が高くなってしまいます。

 

当然の事ながら、売り買いの回数を増やすことによって、結果的に勝利する確率が半々になります。

 

でもこの事実は「ぼんやりとした勘でエントリー」とは話が異なります。

 

取引回数を重ねるとは、自ら「ここだ!」と思いついたチャンスを持った状態での注文回数を増やすという事を言っています。

 

何となく、休む間もなく売り買いを積むのとは明らかに違います。

 

為替相場の勝負に勝利するためには、白分でよく考えてメリハリをつけることが大切です。

 

「ここは勝てる」と感じたマーケットの時には思い切ってポジションを買い増して、徹底的に利益を追求します。

 

「分かりにくい外国為替市場でどうなるか理解できないな」と感じた時は潔く所有ポジションを諦めて何もせず静観します。

 

このぐらいのメリハリがあったほうか最終的に注文はうまくいくものだ。

 

市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

 

本当にその通りです。

 

為替取引とは売買ポジションを所持する事がすべてではなく、どの売買ポジションも保有せずじっと見ていることも状況によっては外国為替相場です。

 

そうであるならば、どういった時に休めばいいのでしょうか。

 

ひとつめは、先述の通り、現在の為替相場が今ひとつよく見えない時。

 

現状からどちらにいくのか決断できない時は間違って判断すると、自分自身の作り上げたシナリオとは逆の方向に外国為替相場が向ってしまい損失を被ることになる。

 

そのため、こうしたケースではポジションを閉じそのままの状態で様子をみるのが最良の選択です。

 

ふたつめは、己の体の調子がすぐれない時。

 

体の状態と相場に影響ないと感じる投資家もいますが思いのほか影響を与えます。

 

体の状態が悪い時は、外国為替相場の大切な場面で、落ち着いた決断を下すことができなくなります。

 

やる気がわかない時はマーケットから距離を置くことも大事な事です。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 再生期間
  2. ココぞという時は
  3. テスト